少し違うかも?田舎の会社・都会の会社

田舎の会社と都会の会社で一番違うことは、社員の通勤手段ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Hot Ranking
少し違うかも?田舎の会社・都会の会社

田舎の会社と都会の会社で一番違うことは / 44歳 女性

田舎の会社と都会の会社で一番違うことは、社員の通勤手段ではないでしょうか。田舎の場合には、多くの人が車で通勤しています。
しかし、都会の場合には殆どが電車通勤なので、通勤ラッシュにもまれてへとへとになって通勤してくるわけです。

車の場合には、運転こそ自分でしなければなりませんが、ラッシュで押しつぶされることはありませんので、ゆっくりと音楽を聴きながら、もしくは食事をしながら通うことも可能かもしれません。それに対して、都会の会社に通う人たちは、毎日、通うだけで大変な思いをし、そこで体力を使い果たしてしまうわけです。

ですから、会社の雰囲気も、田舎の会社の場合には皆、気持ちに余裕があるためか、のんびりとした雰囲気があるのですが、都会の会社の場合には、他人にやさしい声がけをする体力・余裕もないため、なんとなく殺伐とした雰囲気になっているのです。

どちらがいいかは一概には言えませんが、同じように働いていても随分と違うものです。

ずっと都会に住んでいてオフィスで仕事をしていていましたが / 42歳 女性

ずっと都会に住んでいてオフィスで仕事をしていていましたが、数年前から地方に引越をしてきました。

都会の会社はやはり、きちんとした感じがあります。始業時間にしても、お昼休みの時間にしてもきっちりしています。また、女性もお化粧をして、きれいな今時の服装などで出勤してくるので、華やかな印象があります。
一方、田舎ではとにかく移動が車なので、楽な一方つい適当になりがちな感じがします。出勤する時も制服のまま通勤して、そのまま仕事に入るとか、靴なども家からそのままで、着いたら仕事がすぐ出来る感じでみんな支度をします。
残業もそんなに都会のようなハードなものはあまりないので、時間が終わるとまたそのまま車で帰ることができます。たまに予期せぬ飲み会などがあると、制服のまま参加している人がいたりしてなんだか面白いです。
都会ではありえない光景だな、と思います。
都会の会社はきちんとしていかないといけないけれど、緊張感があってそれもいいものです。
田舎はゆるくていいけど、あまり緩みすぎるとだらしなくなってしまいます。